え、まだピコグリル買ってるの…?コピー品を約2000円で手に入れる方法を発見!

ピコグリル、みなさんはご存知だろうか?ここ数年でかなり有名になったので、おそらく知っている人も多いはずだけど、スイスのSCT社が開発した、ほぼA4サイズに収まる収納性と448gと言う軽量さが魅力の焚火台。

ブルー
良い焚火台といえば、鹿番長のヘキサステンレスグリルもイイっすよ!
レッド
ま、確かにそうなんだけど、あれってどっちかって言うとファミリー向けじゃん
レッド
真の焚火ストはやっぱこれ、ピコグリル使うんよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

ピコグリル自体は素晴らしい焚火台

この繊細なフレームに全てを預けた薄いステンレスの火床が醸し出す雰囲気は抜群で、風が通る構造なので燃焼効率も高い。冒頭に書いた様に、収納も非常に軽量でコンパクトなため、デザイン性と実用性を兼ね備えており、これぞ「商品開発」と思える至高の商品なのだ。

鍋をおける堅牢なフレーム。華奢な見た目からは想像が出来ない。

それでいて、収納サイズはA4より少し大きい程度。近年のソロキャンプ人気も相まって注目を集めている。

レッド
お笑い芸人のヒロシが自身のyoutubeで紹介したことも、人気が出た理由の一つだね

気になるのがお値段

さて、商品自体はとても良いのだけども、ここでいまの販売価格を見てみよう。

楽天で大体税込16,000円〜(並行輸入?)、正規販売店が出品しているAmazonでも(税込)14,000円となっている。

・・・・

・・・・

ちょっと高くね?

そう、結構高いのだ。
もちろん上で書いた商品コンセプトの素晴らしさ、ブランド維持におけるプロモーションコスト、スイスからの輸入と言う仕入れ上のハードル、その辺りの事情があっての値段だし、しっかりと売れている事からも価格分の価値を持っている商品だと言える。

でも冷静に考えてみると、あの細いフレームと薄い2枚のステンレス板だけで、そんなにコストがかかってるの〜?と思ってしまうのも正直なところなのだ。

なんて思っていると、やっぱり

案の定、コピーされている。
コピー大国様の仕事の速さには感服せざるを得ないが、やっぱりコピー品が出ている。大体相場は3980円〜4980円ぐらいの間なので、本物に比べると随分と安い。

本物派、偽物でも良い派、アウトドア業界におけるこの両者の問題については、SNSでも度々議論されているため詳しくは触れないが、そんな日本人の熱いぶつかり合いを横目に、しれっとコピーしてぶっちぎりの安値で市場を潰しに行くこの容赦の無さは本当に流石としか言えない。

コピー業者も命がけ!?

しかし、Amazonでこのコピグリル(ピコグリルのコピー品)を良く観察していると、コピー業者も一筋縄では行っていないと言うことがなんとなくわかってきた。

ちょっと前まで売り上げ上位にランクインしていたコピグリルが

突然商品の取り扱いが無くなっている。

あきらかに不自然なランキングからの掲載落ち。普通、ランキングされている商品がこんな急に取り扱いをやめるかなぁ?業者も売り上げが欲しいはずだから、出来る限り在庫は切らさない様にするだろうし、長く売りたいと思っているはず。
この不自然な商品ページは、「諸事情がありましたよ」と物語っている様なもの。


ちなみにまだいくつか出品されているコピグリルはあったけど、在庫があって購入が出来るのは登録日付が比較的新しいものばっかりだったので、ピコグリル側が特許を持っていると言う情報をAmazonが握っていて、該当した業者のページを巡回しながら削除していっていると予想している。

正規代理店のページには、こんな記載が

Picogrillシリーズの商品は、Bruno Wanzenriedによって2011年に創作さ
れた応用美術の著作物であり、著作権法及び不正競争防止法により保護されてお
ります。模倣や複製は一切許可しておりませんので、類似品にご注意下さい。

引用元~pikari~

そして、在庫の墓場を見つけた

某フリマサイトがえらいことになっています。

Amazonでページ削除された人達が流れ着いているのか、2000円台くらいで大量のコピグリルを出品している人がチラホラといます。(1枚目のは6/25時点でまだ販売中)

楽天やAmazonで業者が売っている値段より随分と安いので(上の仮説があっていればおそらく商品もちゃんとした新品)、「買うのはコピーの方でいいや」と思っていた人は、是非爆死した業者様たちに救いの手を差し伸べてあげてください。

まとめ

・コピーで良い人はメル○リ
ブルー
まさかのまとめ1つッスね。いつも3つくらいにまとめてるのに
レッド
ハッハッハ
ブルー
(笑って誤魔化してるッス)
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
ボタンを押して、悪の組織を撃退だ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする